ふれあい会バー

ふれあい会について
スタッフの取組み
施設の特徴
施設一覧
ご利用案内
公的介護保険制度
ご利用までの流れ
ふれあいweb通信
採用情報
ふれあい若ガエルくん
公的介護保険制度
公的介護保険制度サブ
加齢に伴い、介護や介護予防が必要になった方のためにつくられた制度で、みなさんがお住まいの市区町村が保険者となって運営しています。また、介護保険の給付を受けた際、基準料金の1割を支払って介護サービス・介護予防サービスを利用できるしくみとなっています。

公的介護保険制度サブ2
40歳以上の全国民が被保険者となり、保険料が徴収されます。また、被保険者は年齢により2つに区分され、この区分により給付要件や保険料が異なります。
項目
第1号被保険者
第2号被保険者
年齢区分
65歳以上の方
40歳以上65歳未満の方
給付要件
原因を問わず、介護や支援が必要となった場合は認定を受け、介護サービス・介護予防サービスを利用できる。
老化が原因とされる病気(※特定疾病)により、介護や支援が必要となった場合に認定を受け介護サービス・介護予防サービスを利用できる。
※特定疾病※
がん末期、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症、後縦靭帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、初老期における認知症、脊髄小脳変性症、脊柱管狭窄症、早老症、多系統萎縮症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症、脳血管疾患、パーキンソン病、進行性核上性麻痺および大脳皮質基底核変性症、閉塞性動脈硬化症、慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

このページのトップへ
公的介護保険制度サブ3
まず、申請を行い、要介護認定を受ける必要があります。本人、家族、または「地域包括支援センター」等の代理人が市区町村窓□にて申請を行います。
認定は、介護予防が必要な「要支援1・2」、介護が必要な「要介護1〜5」までの7つの区分に分けられ、保険給付の対象となり、介護サービス・介護予防サービスをご利用いただけます。
≫ 福岡市のホームページ はこちらから
≫ 北九州市のホームページ はこちらから
このページのトップへ

ご利用までの流れ
※介護認定を受けられていない場合は「1」〜「4」までの流れを参考にお手続きください。
1
要介護認定申請
住所地の市区町村の保険福祉センター 介護保険課などで申請。
2
訪問調査
保険福祉センターの職員や調査の委託を受けた事業者などの介護支援専門員が自宅などを訪問し、心身の状態の調査を行う。
3
審査・判定
訪問調査の結果と主治医意見書をもとに介護の必要性や程度について審査。
4
認定結果通知
介護認定審査会の意見に基づき、7つの区分に分けて認定し、その結果を通知。

 ここからが ふれあい会 がお手伝いできることです。

5
お問合せ・施設のご見学
事前にお電話にて、見学のご予約をお取りください。見学を通じて、実際の雰囲気などを感じていただきます。 ≫ お問合せ先
6
事前訪問
事前にご本人様とお会いし、入居された日から、安心・安全な環境を整えてまいります。
7
体験入居
ご契約前に体験入居(3泊4日)をしていただきます。
※費用:福岡地区=30,000円、北九州地区=12,000円
体験入居では、ご本人に合った施設であるかを検討していただく期間としています。
8
入居契約
ご本人様・ご家族様と事業者・事業所との間で入居契約を結びます。 ※契約の際に、印鑑(ご本人様・ご家族様)・医師の診断書・介護保険証が必要です。

このページのトップへ


Copyright(c)2012 fureaikai,All Rights Resrved.